入園までに準備しておきたい持ち物【保育園・幼稚園】

ぶろぐ

入園までに準備しておきたい持ち物【保育園・幼稚園】

こんにちは、池袋東口託児所「つながり」、保育士の柚木です。

この春、保育園、幼稚園にご入園される皆さんおめでとうございます。

これから始まる新生活にワクワク・ドキドキされていることと思います。
それと同時に初めてのことだらけで、何をしていいのか不安と焦りもあるのではないでしょうか?

この時期によくお問い合わせいただくのが「持ち物」についてです。

保育園と幼稚園に分けてご紹介していきます。

入園までに準備しておきたい持ち物

入園までに準備しておきたい持ち物

保育園と幼稚園では基本的に準備するものが異なります。

 

準備する持ち物(保育園入園編)

各保育園によって準備する物も異なります。ここでは保育園で準備しておきたい持ち物をまとめました。

保育園の準備リスト

1.通園バック

2.着替え入れ

3.着替えセット(一式)

4.上履きと靴袋

5.オムツとゴミ袋

6.布団、かけ布団(保育園よる)

7.タオル

8.歯ブラシセット(2歳くらいから)

準備する持ち物(幼稚園入園編)

各幼稚園によって準備する物も異なります。ここでは幼稚園で準備しておきたい持ち物をまとめました。

幼稚園の準備リスト

・指定品

1.制服、制帽

2.園章、名札

3.体操服、体操靴

4.スモッグ

5.通園かばん

6.上履き

・指定品以外の物

1.着替え類(肌着、下着、靴下)

2.雨具(傘・レインコートなど)

3.運動靴、長靴

4.催し事などで特別必要とする着類(甚平・浴衣・水着など)

5.パジャマ(お泊り保育時)

6.防寒具(コート、ジャンパー)

・日用道具

1.お弁当箱

2.お箸やスプーンなどカトラリー

3.水筒

4.ハンカチ、ティッシュ

5.コップ

6.歯ブラシ

持ち物を準備する際の注意点

持ち物を準備する際の注意点

ここでは保育園、幼稚園それぞれの注意点を書きます。

保育園の注意点

保育園ではお昼寝の時間があるのでパジャマや普段の着替えとは別に予備の着替えが必要です。
保育園によってはケガ防止のため金具やフード付きの衣類を禁止していることもあるので確認が必要です。
汚れものや濡れたタオルなどを入れる袋も必要です。ビニール袋や買い物袋などを数枚準備しておきましょう。

幼稚園の注意点

幼稚園ではまず、制服やカバン、靴などの指定用品を揃えます。指定用品の注文は速やかに済ませましょう。
制服は少し大きめに注文した方がいいと思います。入園時は裾上げなどで調節して卒園まで着られるようにしておきます。汚してしまったときのために出来れば2着用意しましょう。
また制服や通園バックなど指定品の他に雨具や普段必要なスモック、ループ付きのタオル、レッスンバックや上履き入れなども準備が必要です。

持ち物を準備する際のお願い

持ち物を準備する際のお願い

それは持ち物すべてに名前を書くことです。

日々の保育の中で子供達の脱いだ服や出した荷物など保育士がしまい直すことが多々あります。しかし名前が書いていないと誰のものか分からなくなってしまいます。

特に入園当初は子供達も落ち着かず保育士もつきっきりとなることが多いため、脱いだ服や出した荷物の片付けに手が回らない事態が起こります。

そこに名前が書かれていないと片付けに時間がかかってしまい、保育士と子供達とのコミュニケーションが減ってしまうので結果、子供達が園に慣れるのにも時間がかかってしまいます。

これは子供達に楽しく快適に園での生活を過ごしてもらうためのお願いです。入園当初だけでなく卒園するまでご協力お願いいたします。

-ぶろぐ

© 2020 池袋東口託児所 「つながり」