卒園式,子ども,保育士,思い

ぶろぐ

もう3月、卒園式の季節です

投稿日:

こんにちは、池袋東口託児所「つながり」、保育士の柚木です。

早いもので年が明けてからもう3ヶ月経ちました。3月といえば卒業式の季節ですね。
私が保育園時代担任をしていた最後の子ども達ももうすぐ卒園式を迎えます。

卒園するのはまだまだ先だと思っていましたが、どうやら今年の3月で保育園はおしまいのようです。

この時期になるといつも思ってしまうのですが、ほんとに小学校に行って大丈夫なんだろうかと心配になります。まあ、そんな心配はほとんど無用なのですが、子ども達は長い子で0歳児から保育園に通っています。保育士は担任になった時の姿や担任ではなくても外遊びなどで一緒になった時の子ども達のイメージが強いです。
特に低年齢児の時に担任になり、そのあと担任にならなかった場合など余計に小さい時のイメージになってしまいます。
だからこそ心配してしまうんでしょうね。

さらに手のかかっていた子ほどその時の印象が残っているので余計に心配してしまいますね。
この心配の中には子ども達が小学生になっても困らないように保育士としてしっかり成長を導いてあげられたのかという不安もありました。

こうして大人がいろいろと心配しなくても、当の子ども達は小学校に行き始めれば新しい環境、新しい友達、学校での勉強等々で保育園の事など考えている暇もなく、毎日元気に小学校に通っていく事でしょう。

実際、小学校に通うようになれば兄弟関係がない限り保育園に来ることはほとんどありません。
時々、学校の授業の一環で来たり、たまに思い出してふらりと遊びに来る事があるばかりです。
でもそれでいいと思います。
保育園の事を思い出すよりも小学校での事を思う存分楽しんでいるという証拠だからです。
幸い今まで見てきた子ども達の中にはいませんでしたが、頻繁に保育園に遊びに来たりすると周りの友達とうまく馴染めていないんじゃないか、何か嫌な事があるんじゃないかと余計な心配をしてしまいそうです。
なので便りがないのは元気な証拠ということで、子ども達を信じて送りだしてあげています。

ただ急に会えなくなるのは寂しいので、時々は会いに来て小学校での様子を話してくれたりすると嬉しいなと思ってしまうのは私の方が逆に子ども達離れ出来てないと笑われてしまいますね。
でもそれだけ子ども達に愛着を持って接してこれたのだと自信を持って言えます。

元気な子、おとなしい子、いたずら好きな子、おませな子、さみしがりやな子、手のかかった子、泣き虫な子、どの子もみんな大切な子ども達、小学校へ行っても元気に沢山楽しんでほしいですね。

それでは3月に卒園する皆さんへ、卒園おめでとうございます!!

-ぶろぐ

Copyright© 池袋東口託児所 「つながり」 , 2020 All Rights Reserved.